『AdBlock』と『AdBlock Plus』の違いは?どちらを使うべき?【体験談】

体験

今回は広告ブロックツールの『AdBlock』と『AdBlock Plus』の違いを
両方使ったじゃがポテトの私見で書いていきます。

ちなみに、じゃがポテトはどちらもGoogle Chromeで使いました。

広告ブロックツールとは

簡単に言うとインターネット広告を非表示にするツールです。
広告を非表示にすることで、邪魔な情報を除外できるのでWebサイトの可読性が上がります。
いきなり現れる広告とかも消してくれるので、入れておくと便利です^^

広告収益を得ているブログの敵とも言えるツールですね……。

『AdBlock』と『Adblock Plus』の違い

ほぼ同一の機能ですが、開発元が異なります。
調べたところ『Adblock Plus』からインスパイアを受けて作られたのが『AdBlock』ということで、Plusの方が先にあったようです。名前の印象から逆だと思ってました:D

どちらも現在(2021/02)まで開発が継続的に続けられているようなので、この点では優劣がないですね。

上のキャプチャ画像(もしくはリンク先)を見てもらえばわかりますが、レビュー評価点は同一ですが、評価数がAdBlockの方が多いです。
評価数はユーザー数に比例するので、AdBlockの方が多くの人が使っていると考えられます。

どちらを使うべきか

広告をブロックするという機能について、じゃがポテトが使った範囲では大差ありませんでした。

しかし、一部のサイトによっては挙動に違いがありました。

下は『AdBlock』を導入して開いたYoutubeのページです。

『AdBlock』を導入したYoutube

『Adblock Plus』を導入したYoutube

『AdBlock』ではメニューが表示されなくなってしまいました(広告だと思われてる?)が、『Adblock Plus』ではメニューがちゃんと表示されました。
※ツールのバージョンや環境の違いによって異なる可能性があります。

『AdBlock』でもYoutubeを広告ブロックの対象から外せばメニューが表示されますが、
今度は邪魔な広告をブロックできなくなります。

現時点での利便性では『Adblock Plus』の方が上かなと感じましたが、逆に言うと『AdBlock』の方が広告(っぽいもの)に敏感だと考えられるので安心感は『AdBlock』の方が上ですね。

結論としては、どちらもほとんど同じだけど

  • 安心感(厳しい広告ブロック機能、ユーザー数が多い)が欲しい人は『AdBlock』
  • 利便性が高い方がいいという人は『Adblock Plus』

となるかと思います。

 

コメント